FEATURE

今昔コース

与那原今昔物語。
「与那原」の村建てに尽力した人々の開拓精神に思いを馳せ歴史ロマンから学ぶコースです。

SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line

コース情報

所要時間 90分
参加料 1,000円(中学生以上)
集合場所 軽便鉄道与那原駅舎展示資料室

コースの紹介

konjaku_coase

「軽便鉄道与那原駅舎展示資料室」前で待ち合わせ、最初に村建ての門家を祀った神屋「竿乃増(そうまぬし)」へ向かいます。その後「阿知利世主」から、「中島の石獅子」を経て、山原船で栄えた港町の名残りを色濃く残す「材木ストリート」へ。

konjaku_coase

次に、琉球王朝時代、聞得大君の御新下りの際には最初の休憩地として御仮屋が設けられていた東御廻り(あがりうまーい)の拝所の一つ「御殿山(うどぅんやま)」を見学します。

konjaku_coase

その後は、同じく東御廻り(あがりうまーい)の拝所の一つ「親川(うえーがー)」を訪れます。「与那原町立綱曳資料館」を見学した後は、「親川通り」を通って「軽便鉄道 与那原駅舎」へ戻る。与那原町の今昔を巡るコースです。

注意事項

・受付は出発時間の30分前から行います。 10分前までにご集合ください。
・まちあるきには、事前予約が必要です。実施日の前日までにお願い致します。
・スケジュールは天候や都合により変更・中止する場合があります。
・散策の際には、歩きやすい服装と靴でどうぞ。
・車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。
・他のお客様へ迷惑をかける恐れがある場合や、行程上支障をきたす恐れがある場合など、参加できないことがありますのでご了承ください。